理学療法学科 理学療法学科/夜間部
作業療法学科 看護学科
介護福祉学科 国際介護学科
理学療法学科
コンテンツメニュー
トップページ
学院案内
学院の特徴
施設・設備紹介
スクールライフ
教員紹介
実習施設紹介
国家試験
就職について
学費サポート
よくある質問
交通アクセス
KCR-Style 学院ブログ
求人担当者様
募集要項
資料請求
お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-322-018 お気軽にお問い合わせください。携帯・自動車電話・PHSからもご利用できます。
お問い合わせフォーム

始めよう!情熱と感動のステージ

4年課程 昼間部

定員80名/1学年

取得できる資格 理学療法士国家試験受験資格
付与される称号 高度専門士

 

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)
本学院の基本理念と本学科のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ、次のような学生を求めています。

1)自分の目指す夢をあきらめず、前向きに努力する人

2)他者への思いやりを持ち、必要に応じたコミュニケーション能力や協調性を備えている人

3)理学療法士を目指すしっかりとした動機と意欲がある人

4)身体の運動のしくみに関心があり,基礎医学を学びたい人

5)理学療法を通して社会へ貢献し、奉仕しようとする意欲を持つ人

 

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)
本学科では、基礎分野、専門基礎分野および専門分野、臨床実習等を各年次において段階的・体系的に取得できるようカリキュラムを編成しています。他校にはない多様な演習科目の配置により国家試験科目等に限られず、学生が広く、深く、より専門的に学ぶことができ、そしてコミュニケーション能力、協調性及び自己解決能力を獲得できるカリキュラムを構成しています。また講義と演習・実習を関連づけ、理論と実践(臨床)を結びつけたカリキュラムとし、自ら理論と実践とを結び付けて考えることができるよう配慮しています。

 

ディプロマ・ポリシー(卒業認定に関する方針)
本学科において卒業までに身につける資質・能力は以下のとおりである。
1)理学療法士の仕事に誇りをもって取り組むことができる人
2)理学療法士として必要な知識・技術を身につけ,臨床で活躍できる人
3)社会性を育み,チームアプローチに必要なコミュニケーション力のある人
4)理学療法を包括的に考え、理学療法の発展に寄与する研究活動ができる人

 

関節運動や筋力を向上させるスペシャリスト。
高齢者の転倒やさまざまな事故による運動器障害(骨折・捻挫による筋力低下や関節の動きにくさ)、脳卒中による後遺症(片麻痺、失語など)や新生児の運動能力発達の遅れなどの回復を図るために医学的な技術や知識を行使します。また、心臓や呼吸器などの内部障害リハビリテーションも普及してきています。
最近では、医療という枠組みを越え、スポーツ器具の開発や製作、健康増進やアンチエイジングに至るまで、幅広いフィールドで活躍しています。

  • スポーツに対するメディカル・トレーニングやアドバイスを行う
  • 対象がスポーツマンから小児・高齢者まで幅広い
  • 介護予防に積極的に関わる
  • 工夫(義肢・装具・杖・車椅子など)することで、できないこともできるようにする

■作業療法と理学療法の領域の違い
  身体障害 精神障害 発達障害 老年期障害 スポーツ障害
理学療法
作業療法

■学科の特長
理学療法学科は、運動器疾患・中枢性疾患の専門理学療法士、心臓リハビリテーション指導士、呼吸療法認定士など、プラスαの資格を持つ多彩な講師が在籍しており、より専門的な講義を受けることができます。また、少人数での担任制によって細やかに学生をフォローしています。さらに授業では実践的な演習やグループワークを組み込み、臨床実習や就職後の即戦力となれるような体制をとっています。
 実習では、熊本県内はもちろんのこと、九州各地・関東・関西と多様な地域へ行くことができ、大学病院などの急性期医療からリハビリテーション病院での回復期リハビリテーション、介護老人保健施設やデイサービスにおける維持期でのリハビリテーションまで携わることができます。希望の進路に沿った臨床実習施設を選択でき、自分の将来像を想像しやすい環境が整っています。


■カリキュラム

「解剖生理学」(中山)


対象者は日常生活において「動く」ことに問題を抱えています。ヒトはなぜ「動く」ことが出来るのでしょうか?その答えは神経が指令を出し筋肉が働くからです。この授業ではヒトが動く仕組みを学びます。

「臨床神経学」(瀧下)

脳卒中やアルツハイマーなど脳や神経の疾患も私達の代表的な治療対象です。臨床神経学では、それらの多彩な症状、診断、治療について学び、リハビリテーションに活かせる知識を学びます。

「運動療法」(山田)

障害を持つ方が再び運動能力を取り戻したい!スポーツなどでもっとうまくなりたい!成績を伸ばしたい!といったニーズに応えるため、効果的な運動を練習・指導する学問です。現場ですぐに活かせる実技が中心の授業ですので学生にも大人気です。

「体表解剖学実習」(米ヶ田)

筋肉や神経の位置を皮膚の上から触り,その動きを理解することは,理学療法士にとって必要不可欠な知識,技術です.体表上に筋肉を正確に書いていくことで,理解を深めていきます。

「理学療法評価学」(奥村)

対象者の"今"を捉えるのが評価です。また効果的な理学療法を実施するためにも、正確な評価が重要です。この授業ではその重要な評価の基礎から応用、さらに豊富な実技指導まで幅広く学習していきます。

■1年生タイムテーブル(2016年度実績)
  前  期
1限目
9:15〜
10:45
解剖生理学T     情報処理学
1組
 
2限目
11:00〜
12:30
解剖生理学T コミュニ
ケーション
情報処理学
2組
専門基礎分野
演習T
3限目
13:30〜
15:00
解剖生理学U 理学療法
概論
理学療法
概論
専門基礎分野
演習T
リハビリ
テーション
概論
4限目
15:15〜
16:45
   
  後  期
1限目
9:15〜
10:45
解剖生理学T 運動機能学   専門基礎分野
演習V
2限目
11:00〜
12:30
機能障害学 総合英語 専門基礎分野
演習U
3限目
13:30〜
15:00
専門基礎分野
演習V
保健体育 保健体育 生命倫理学 解剖生理学U
4限目
15:15〜
16:45
機能障害学 保健医療福祉
制度論
ページの先頭へ戻る