九州中央リハビリテーション学院

学生・保護者向け

学生・保護者向け
MENU

学院の特徴

Strong Point

point就職

担任制だからできる、学生一人ひとりの特性を理解した
きめ細やかなアドバイス。
各地に張り巡らされたネットワークであなたの夢を叶えます!

本学院では臨床・教育経験の長い強力な講師陣により、これまで多くの就職先としっかりとしたパイプづくりが行われてきました。
学生に対しても、一人ひとりの特性を理解し、その個性にあった就職先を提案しています。
その結果、学生と就職先がお互いに良い関係を築くことができ、現在では就職先の病院や施設などからも高い信頼を得ています。 開校以来、全学科とも就職率100%です!

理学療法学科作業療法学科
迫り来る超高齢化社会によってリハビリテーションの必要性がさらに高まり、今後もセラピストの需要の高さは維持されるでしょう。
医療業界における需要はやや減少傾向にありますが、内部障害リハビリテーションは非常に注目されています。
また、福祉・介護業界における需要はますます高まっております。

看護学科
社会の高齢化に伴う医療体制・福祉体制の充実を目指して、看護師の需要はさらに高まってきています。
給与水準も安定しており、この先もその必要性がなくなることはありませんので一生の仕事として安心して続けていけるでしょう。

介護福祉学科
拡大する介護のニーズで活躍の場は多岐に渡っています。豊富な知識と高い技術を持った<介護のプロ>を社会が求めている証拠といえるでしょう。
求人倍率も高く、安心して就職先を選ぶことができます。
確かな知識・技術をもった介護福祉士確保のために、国もさらなる給与水準アップを目指しています。

point国家試験

国家試験のプロがいる!
九州中央リハビリテーション学院では、
国家試験合格100%を目指しています。

過去20年間の国家試験問題を分析し、全学年においてその分析に基づいた授業を展開。最終学年では国家試験対策期間を設けて、学院オリジナルの模擬試験や過去問、全国共通模試などを実施し、専任教員による徹底した個人指導及びグループ指導が行われます。国家試験のスペシャリスト集団による確実な指導により、最後まで充実したサポート体制で国家試験に挑むことができます。

充実の国試対策期間

理学療法学科・作業療法学科は最終学年の10月下旬からの約4ヶ月間、看護学科は11月下旬からの約3ヶ月間、全授業時間を国家試験対策に費やします。

効果抜群のグループ学習

4~6名のグループを組むことで学生同士が切磋琢磨し、国家試験当日まで高いモチベーションを維持することができます。

全館で学習室39室を完備

グループ学習や少人数学習のための学習室を全館に完備。1号館においては夜間部の授業終了に合わせた夜10時まで使用可能です。

point取得可能ライセンス

当学院では国家試験受験資格以外の資格も取得することが可能です!

福祉住環境コーディネーター

〈作業療法学科・理学療法学科・介護福祉学科〉
OT・PT 学科で開講の『生活環境論』、介護福祉学科で開講の『生活支援技術』で得た知識を活かして「福祉住環境コーディネーター」という資格取得にチャレンジできます。この資格を持つことで「介護保険による住宅改修費支給申請」に必要な「住宅改修が必要な理由書」を作成することができます。医療・福祉分野の知識を活かしたインテリア・コーディネーターとして、また、住みやすい住環境を提供するアドバイザーとして、分野にとらわれず幅広く活躍可能です。

認知症ライフパートナー

〈介護福祉学科〉
介護福祉学科で開講の『認知症の理解』で得た知識を活かして検定試験を受けることができます。「認知症ライフパートナー」とは認知症の人に対して、その人の生き方や価値観を尊重した上で本人や家族に寄り添いサポートできる人です。認知症の基礎知識と様々なアクティビティを用いたケアプランで継続的に支援することで脳を活性化させ、心身機能や生活の質を高めるために支援していきます。

介護予防指導士

〈介護福祉学科〉
“介護予防”とは、健康な生活を長く続け介護を受ける状態にならないようにすることです。また介護が必要になった場合でもそれ以上度合いが増さないように改善していくことも含まれます。そこで専門的な知識と技能を持って介護予防を推進するのが「介護予防指導士」です。介護予防指導士は、多くの方が豊かな老後を過ごせるように、要介護者ばかりでなく元気な方をも対象として介護予防を指導する資格です。

pointICT活用教育

〈作業療法学科・理学療法学科〉
学習は時代と共にその方法が変化します。先人たちが確立した学習法から最先端の学習法まで、最も効率的でわかりやすい学習方法を取入れています。その中でも自分からどんどん勉強をやりたい、もっと学びたいと思える方法としてICT活用教育を採用しています。タブレットやアプリを文房具として使い、人体を学び、動作を分析し、資料を読む。自分の学びやすいスタイルで効率的に学ぶ。ICTは「知りたい」「身につけたい」にきっと役立つ、現代で学ぶ人たちに最も適した方法です。
NTTdocomoの公式ホームページに本学院が掲載されています。(協創パートナー:NTTdocomo)
http://www.docomo.biz/html/casestudy/detail/kcr.html
ICT活用教育

point実践的カリキュラム『体表解剖実習』

〈作業療法学科・理学療法学科〉
当学院では独自のカリキュラムとして『体表解剖学実習』があります。「体表解剖学」とは皮膚の上から骨や筋を視察・触察して内部の形態や構造などを理解する学問です。まず1年次に骨と筋の名称を全て覚えます。2年次でその場所を確認し、触り、描いて理解します。その後学習する「評価学」や「治療学」にも繋がる基礎であり、将来的にも現場で実践できる有意義な授業です。
体表解剖学実習

point特別講演

経験豊富な一流のプロフェッショナルを招き、医療・福祉現場での実践内容や貴重なお話を聴かせていただきます。実習や就職後はもちろん、日常生活にもプラスになる講演内容となっています。

2016年度特別講演

「メディカル分野におけるICT活用と今後について」
NTTdocomo 法人ビジネス開発室長 古野徳之 氏
「運動器疾患の理学療法」熊本整形外科病院
河本徹 氏
「中枢神経疾患の理学療法」平成とうや病院
亀井結衣 氏
「介護福祉士の職能団体」日本介護福祉士会長
石本淳也 氏
「地域活性化とまちおこし」
株式会社地域のチカラ 代表取締役 北岡敦広 氏
「スマホ・ケータイ安全教室」
NTTdocomo インストラクター 中村真子 氏

point実習

各地に強力なネットワークを持つ理学療法学科では約300の実習施設を全国に展開しています。実習中、実習先と良い関係をつくることができればそのまま就職へと繋げることも可能です。
船橋整形外科病院
関東地区 船橋整形外科病院(千葉)/松戸整形外科病院(千葉)/慶友整形外科病院(群馬)/海老名総合病院(神奈川) 他
関西地区 大阪厚生療育センター(大阪)/信原病院(兵庫) 他
中国地区 浜脇整形外科病院(広島) 他
九州地区 誠愛リハビリテーション病院(福岡)/久恒病院(福岡)/久留米大学病院(福岡)/鹿児島大学病院 霧島リハビリテーションセンター(鹿児島)/沖縄リハビリテーションセンター病院(沖縄) 他

point地域活動『転倒予防教室・介護予防事業』

〈作業療法学科・理学療法学科〉
『地域理学療法学』『地域作業療法学』『地域リハビリテーション学』で学ぶ知識を活かし、学院周辺にお住いの方々を対象に「転倒予防教室」や「介護予防事業」などを開催しています。学院の地域貢献活動としての役割を果たすとともに、学生は地域の方々との触れ合いを通じて実技・評価の研鑽を積みます。何よりも嬉しいのは参加いただいた方からの“ありがとう!”や“楽しかったよ!”の一言です。
転倒予防教室

pointボランティア活動

ボランティアサークル・クローバー〈介護福祉学科〉
ボランティア委員会〈作業療法学科・理学療法学科・看護学科〉

「クローバー」は介護福祉学科の学生で組織、その他の学科の学生は「ボランティア委員会」として活動しています。年間を通して高齢者施設や老人ホーム、障がい者施設などへお手伝いに伺い、様々なイベントにもボランティア参加しています。

2017年度活動実績

  • 夏祭りボランティア(たいめい苑、くわのみ荘、第二大江学園etc.)
  • 熊本県障害者福祉センター 車いすテニス体験
  • 24時間テレビ チャリティー募金活動
  • 向山地区敬老会
  • 第33回 車いすふれあいジョギング大会
  • 輝祥苑秋祭り
  • 介護の日
  • 向山ウォ―クラリー
ボランティア活動

point出張講義・トレーナー活動

当学院の教員団は学生の育成のみならず、講演・執筆・研究・学会発表など学院外活動を積極的に行っていますが、その一環として医療・福祉系の職業について広く理解していただけるように出張講義も実施しております。例えば理学療法学科では、教員が運動部の生徒の皆さんの体幹力アップやケガ防止の為のストレッチ法を現地へ出向いて伝授します。また、学院まで足を運んでいただければ様々な設備・機器を使った筋力や身体能力の測定も可能です。さらに高校等で企画された職業別講演会や介護福祉士国家試験の対策講座など、ご要望があれば各専門領域の専任教員が各地に出向いて講義いたしますので、進路選択や総合学習に是非お役立てください。

2017年度実績

第2回日本ソーシャルフットボール全国大会九州予選 トレーナー
尚絅中学・尚絅高校 剣道部 フィジカルチェック
第二高校 野球部 フィジカルチェック
国府高校   キャリアガイダンス
熊本北高校   職業別講演会(医療技術者:理学療法)
多良木高校   職業別講演会(介護福祉士)
第二高校   SSH特別講座「美術解剖学」
翔陽高校   キャリアガイダンス
国府高校 バレー部 「パワーポジションとは」
熊本西高校 野球部 フィジカルチェック
第39回大阿蘇旗高校剣道錬成会 トレーナー
出張講義