23期ウォーキングクラブ(火)3週目~

Date : 2019-05-21 : 理学療法学科

段落1の画像

理学療法学科 渡久山です。

ウォーキングクラブ火曜日の様子をお届けします。



今週の学生講話は「運動の大切さ」についてです。

参加者の皆さんは普段から運動に励んでおられます。

運動すると、どんな良いことがあるのか?

身体への影響はもちろん、認知症の予防にもなるんですよ~



体操の実演を交えながら楽しい講話でした~

段落2の画像

準備体操もだいぶ慣れてきました!

お互いに笑顔がこぼれます。



参加者の皆さん、体の動きが良くなってきてますよ~

松本先生からOKサインを頂きました~

段落3の画像

そして、美ューティーウォーク。

今週は下半身に着目です。

踵をしっかり地面に、つま先で蹴り出す!

手の振りは次回に…

 

段落4の画像

スクエアステップも徐々に難易度を上げていきます。

足だけでなく、手の動作も入ってきました。

心なしか、学生さんの方がぎこちないような?

頑張れ~学生さん!

段落5の画像

今週のレクリエーションは「山手線ゲーム」

テーマに沿った言葉を、リズムに乗せて~つ・な・い・で・い・き・ま・す♪

若者にはなじみのゲームですが、初挑戦の方が多いようで四苦八苦しながらも盛り上がりましたよ~

今年のレクリエーションの傾向として、頭のフル回転が要求される感じです。



そんなこんなで無事に終了しました~

松本先生から学生の皆さんにお願い。

「慣れたころに事故が起こる」。気合が入ります!

クラブの運営、運動のお手伝いなどスムーズに出来る様になりましたが、油断はしませんよ~

九中リハ学院では教科書で勉強した内容を、実技はもちろん!

その知識と技術をのように使うかを、実習に出る前に体験することができます!



参加者の皆さん、学生の皆さん、頑張っていきましょ~!