ランプシェードその後と講義風景 PT2年生

Date : 2016-06-01 : 震災関連

段落1の画像

講義を再開してから1ヶ月が過ぎ、普段通りの学院生活が戻ってきました。
学院の前の通りから見える場所に置いてみました。
図書室の窓に置いています。

熊本がんばろう!

がんばろう!九州中央リハ

実習中の先輩たちもがんばれ!

少しでも元気が出れば幸いです。

学生たちは元気に勉学に励んでいますよ~
解剖生理学や運動機能学など、基礎的な分野を1年生で学びます。
2年生からは、計測や治療法などの、より実践的な講義を学んでいきます。
今日は理学療法評価学Ⅰの様子をお届けします。

段落2の画像

理学療法評価学ではたくさんの検査手技を学びます。
今日はその中の一つ、腕や足の長さ、太さを計測する、形態測定の講義です。
中山先生から、なぜ計測するのか?筋肉の位置を踏まえて、計測の意義と注意点について細かく説明がありました。

見てください、この真剣な眼差し。

段落3の画像

解説のあとは、お互いの体を使って実演です。

簡単そうに見えますが、注意点を守りつつ計測するのは難しいんです。

段落4の画像

段落5の画像